広末涼子「号泣した」…心の底から共感した役 映画「想いのこし」公開 (1/2ページ)

2014.11.22 09:00

「ユウコは凛(りん)とした女性」と話す広末涼子(矢島康弘撮影)

「ユウコは凛(りん)とした女性」と話す広末涼子(矢島康弘撮影)【拡大】

  • ガジロウ(岡田将生)は金と女に目がない

 さまざまな事情で成仏できない幽霊たちを描いた「想いのこし」が22日、全国公開される。実力派女優の広末涼子がセクシーなポールダンサー役を「びっくりするほどアザだらけになって」演じた。

 コンサートなどのチケットを違法に転売する“ダフ屋”のガジロウ(岡田将生)が大金を得たある日、交通事故に巻き込まれる。ガジロウはほとんど無傷だったが、この事故でポールダンサーのユウコ(広末)やマネジャーのジョニー(鹿賀丈史)らは亡くなってしまう。ユウコには小学生の一人息子の幸太郎(巨勢竜也)がいて、この世に未練がある。そこで幽霊になって現れるが、その姿を見ることができるのはガジロウだけ。ユウコたちはガジロウに思いを託すことに。

 台本を読んだだけで「号泣した」という広末。「クールでいて愛情深いユウコは私とは違うキャラクターですが、深く理解できました」と振り返る。平川雄一朗監督と細部まで話し合いながら丁寧に演じたという。

セクシーに見せる表現力も必要なんです

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。