【書評】『だからこそ、自分にフェアでなければならない。』小林紀晴著 (1/3ページ)

2014.12.6 14:51

『だからこそ、自分にフェアでなければならない。プロ登山家・竹内洋岳のルール』小林紀晴著(幻冬舎・1300円+税)

『だからこそ、自分にフェアでなければならない。プロ登山家・竹内洋岳のルール』小林紀晴著(幻冬舎・1300円+税)【拡大】

 □『だからこそ、自分にフェアでなければならない。 プロ登山家・竹内洋岳のルール』

 ■山を離れてもあてはまる

 本書を読んでまず知ったのは、地球上には、標高8000メートルを超える山が14座あることです。エベレストはすぐに思いつきますが、その他は、なかなか名前が出ないのが実情でしょうか。竹内洋岳(ひろたか)は日本人で唯一、その14座すべての登頂に成功した人物。いわゆる14(フォーティーン)サミッターです。

 達成できたのは世界に31人だけ。標高8000メートルの世界は、酸素と気圧が平地の3分の1、気温は平均マイナス35度。山ごとに、登頂の死亡率も出ています。一番低いのはチョー・オユーの2・5%ですが、一番高いアンナプルナだと40・8%に跳ね上がります。この山は過去に130人が挑戦して、53人が命を落としました。

「死んでいくところを記録しろ」と仲間に告げたのは…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。