【早坂礼子の経済ウォッチング】いまどき女子の就活事情 喫煙はマイナス印象、休みを聞くのもご法度 (1/3ページ)

2014.12.13 17:22

東京・大手町の経団連で開催された就職活動セミナー。会場には緊張感が漂う

東京・大手町の経団連で開催された就職活動セミナー。会場には緊張感が漂う【拡大】

 就活必勝法の最終回は面接編だ。前編に続き、女性経営者の立場から山口ひろみジャパンライフ社長と、就職の面接官代行を業務のひとつにしているリーガルブライトの山田秀二社長の話をまとめた。

 志望動機や学歴は採否と無関係

 説明会や書類選考を経て志望企業の面接にこぎつけたら、何よりも順守しなくてはならないのは企業が指定してきた面接の日程だ。都合が悪くても変更要望はすべきではない。もちろん遅刻は論外だ。「入社しても仕事の約束を守れない人」と見なされる。

 第一印象は重要だ。清潔感を意識して身だしなみを整える。しわやよれのない服装で、靴をみがき、爪もきれいに切りそろえておく。「面接の場に現れたときから不採用にすべき人は一瞬でわかります」と山田さん。逆に、好印象を理由に落とされることはほとんどない。

面接官と目線を合わせて語尾までしっかり話す

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。