【早坂礼子の経済ウォッチング】いまどき女子の就活事情 喫煙はマイナス印象、休みを聞くのもご法度 (2/3ページ)

2014.12.13 17:22

東京・大手町の経団連で開催された就職活動セミナー。会場には緊張感が漂う

東京・大手町の経団連で開催された就職活動セミナー。会場には緊張感が漂う【拡大】

 椅子に座ったら背筋を伸ばし、背もたれにもたれない。周囲をキョロキョロ見渡したりせず、面接官と目線を合わせて語尾までしっかり話す。謙譲語や尊敬語など敬語の使い方に気を配るのは基本だが、注意したいのは面接官との会話のなかで、相づちを打つタイミングだ。山田さんは「早すぎると面接官は自分の話を遮られる感じを抱くし、多すぎてもこちらの話を聴いていないのではないかと思ってしまう」と教えてくれた。

 面接で必ず聞かれるのは志望動機だろうが、これで採否が決まることはほとんどない。「仕事を通じて社会貢献がしたい」など奇をてらわないオーソドックスな答えで十分だ。同様に学歴も採用を左右しない。高学歴をアピールすると逆効果になることもあるので簡潔明瞭に伝える。

 たばこを吸わない面接官も多いのでたばこのにおいは厳禁。女子学生の喫煙は面接で明らかにマイナスに働く。有給休暇や年末年始の休みを聞くのもご法度だ。企業は従業員に給与を支払い、働く人はその給与以上の利益を会社に返すことで評価される。入社希望者は自分が会社に給与分の貢献ができるはずだという可能性しかアピールできない。給与や休みの交渉は入社後に成果を出してからと心得たい。

「質問に、志望学生がどんな答えを、どういうしぐさで返してくるのかを見ている」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。