【書評】『死に支度』瀬戸内寂聴著 (1/2ページ)

2014.12.13 12:30

『死に支度』瀬戸内寂聴著(講談社・1400円+税)

『死に支度』瀬戸内寂聴著(講談社・1400円+税)【拡大】

 ■老いて開く作家の新境地

 まず、タイトルにドキッとする。あの寂聴さんもいよいよ…と思ったら、しおらしい予想は見事に裏切られた。作品を読んだことがない人にも、今ならこの本から入ることをおすすめしよう。とにかく抱腹絶倒、おもしろい。

 物語は本人いうところの「春の革命」から始まる。52年勤めた68歳のハンちゃんを筆頭にスタッフ4人が突如、辞めると言い出したのだ。自分たちを養うために先生は仕事を減らせないのだ、暮らし方を変えてくださいと。

 残されたのは一番若い66歳も年下の娘、モナ。面接でいきなり「初体験はいつ?」と聞かれ、「高校二年生です」と答えてしまう現代っ子だ。掛け合い漫才のようにテンポ良く進む2人の会話が秀逸である。

 「お早うございますなう」「お早うなう。昨夜は徹夜で四時に寝たから、起きないなう。食事いらないなう」。若者言葉を習得してイマドキ女子の生態には興味津々、さらりと受け入れる著者がとにかくかわいい。時に老いに悲観的にもなるが、ドライな言葉で鼓舞しつつ愛情を持って支えるモナとの強い絆には、何度もほろりとさせられる。

司馬遼太郎さんをして「天性の作家」と言わしめた健筆

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。