【書評】『死んでしまう系のぼくらに』最果タヒ著 (1/2ページ)

2014.12.13 16:34

『死んでしまう系のぼくらに』最果タヒ著(リトルモア・1200円+税)

『死んでしまう系のぼくらに』最果タヒ著(リトルモア・1200円+税)【拡大】

 ■「きみ」に呼びかける詩

 最果タヒの詩は、読む人間をとても近くに置く。

 本書は『死んでしまう系のぼくらに』というタイトルが示す通り、さまざまな視点から人間の死を眺めようとする言葉で編まれているが、それはどこか遠く離れた場所で起こる死を語ろうとするものではなく、私たちにとって身近な場所で起きた/起こり得る死について想像することと結びついている。

 書かれた詩の多くは、死と愛を同時に語っている。ある詩においては「私」が「きみ」に死なないでほしいと願っているけれど、別の詩での「私」は「きみ」が死ぬことを期待していたりもする。これは一見すると矛盾している感情のようにも捉えられるが、最果タヒは愛や死といった言葉が持つ意味をひとつに固定せず、それらが刻一刻と意味合いを変えていくその有り様を記述することで独特の詩的世界を作り上げているのだ。

 実際のところ、私たちの生において、愛と死の関係は常に不安定なものだ。今日は「愛しているから死んでほしくない」と思っていても、明日になれば「死んでしまうからこそ愛せる」と感じているかもしれない。そのように考えると、多くの場合ネガティヴな意味に回収されてしまう死という言葉も、時に反転して愛を表す語になる瞬間があるのだと分かってくる。個々の言葉が多様な意味を獲得するのだ。

愛と死の距離を測ろうとする真剣な眼差し

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。