“3億円父さん”と“3000円父さん”の違い 宝くじで億万長者に (1/9ページ)

2014.12.14 14:20

【運気を上げる7つの習慣】西銀座チャンスセンターの女神に聞く

 宝くじ当選への期待も高まる今日この頃。西銀座チャンスセンターの女神に高額当せん者の共通点をこっそり、ガッチリ!! 伺った。

◎購入窓口で調べると運がめぐり、めぐる!!

 西銀座チャンスセンターは、過去5年間で億万長者が41名も誕生した、まさに宝くじの聖地。銀座の風物詩“宝くじ購入者の行列”は、単に物見遊山の現象ではなく、総じてポジティブな宝くじファンの期待が具象化されたものと捉えたほうがよさそうだ。

 知る人ぞ知る西銀座チャンスセンターの福の神・平田裕子さんに、宝くじ高額当せん者の共通点について聞いてみるとーー。

 「皆さん、笑顔で明るい方が多いですね。私がお調べして3億円が当たった方は、お二人とも自分で調べずに『調べてください』と持ち込まれた方でした。ですから『1等前後賞、当せんです!』とお知らせしても、きょとんとしていらっしゃいましたね。購入する時は行列しても、地元の宝くじ売り場や銀行にあるオートチェッカーで調べる方が多いそうです。買った窓口で調べると、運を呼びやすいのかもしれませんね」

 そのほか、販売員たちが経験した当せんの話は実に興味深い。

ジャンボ発売のたびに1000円持参し、連番で3枚だけ買うおばあちゃんがいた

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。