“3億円父さん”と“3000円父さん”の違い 宝くじで億万長者に (2/9ページ)

2014.12.14 14:20

 ケース1. ジャンボ発売のたびに1000円持参し、連番で3枚だけ買うおばあちゃんがいた。ある年、その3枚が見事1等前後賞で3億円当せん。売り場では「次から何枚買うだろうね」と期待を膨らませていた。次の回もやってきたおばあちゃんは、2枚アップし「5枚ください」。みんなで「人生狂わせてないね」とほっこり。

 ケース2. ロト6で1つの番号(6つの数字の同じ組み合わせ)1口だけを9年間買い続けた男性がいた。ある日、その番号が1等8500万円に。たくさん買うことはない。継続して買うことが重要だと知らしめた一件。

 ケース3. ある宝くじで1000万円を当てたおじいちゃん。売り場に張り出される「1000万円が出ました!」の張り紙の前を通るたびに「これ、ワシじゃ」と得意満面で言ってしまい、周囲から心配された。

 ケース4. 窓口に飾ってある1枚200円のスクラッチを「これちょうだい」と1枚購入した男性が、200円当たった。「運がいいね」と今度は5枚購入すると、100万円当せん。「ほんっとに運がいいね! あと5枚!」で何と、1000万円当ててしまった。ウソのようなマコトの話である。

いかにも……な“人柄”が浮かび上がってくる

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。