“3億円父さん”と“3000円父さん”の違い 宝くじで億万長者に (5/9ページ)

2014.12.14 14:20

 ゲンを担ぎ、宝くじは「大安」に買うのがよい(「大安で寅の日」がベスト)とされるが、「一粒万倍日」も暦上、縁起のいい日とされる。西銀座チャンスセンターでは5年ほど前から当該日はプレートを窓口に吊るしている。見かけたら買いの日だ。

 3番と5番の窓口に、ジャンボを発売する時にだけ出現する宝猫。新進デザイナー・吉田朗作で、体の模様も縁起のいい模様「青海波」が施されている。買った宝くじを当てたり、頭を撫でていく人が後を絶たない。販売員たちに「ラッキー」の愛称で呼ばれている。

【年数回の購入でも、当たる確率62%!】

データで見る高額当せん者

 平成24年度の1000万円以上の高額当せん者のうち、896人がアンケートに回答。どんな人がどう当せんしたのか、データで見てみよう。

高額当せん者のデータを見る

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。