【書評倶楽部】古美術鑑定家・中島誠之助 『飼育係はきょうもフィールドへ』 (1/3ページ)

2014.12.27 12:00

中島誠之助さん

中島誠之助さん【拡大】

  • 「飼育係はきょうもフィールドへ」

 □『飼育係はきょうもフィールドへ 水族館屋のユメ・ウツツ物語』

 ■生態研究の輝き、教育の原点

 著者は姫路市立水族館を定年退職し、引き続き嘱託館長を務める水生動物飼育の第一人者である。そして産経新聞の播州版に50回連載された「水族館屋のユメ・ウツツ物語」を一冊の本にまとめた貴重な現場報告書といえる。

 私は本を読むとき心に残った箇所を記憶するために、そのページに付箋(ふせん)を貼ることを常としている。この本も習慣として付箋を貼りはじめたが途中で止(や)めてしまった。それはどのページも面白くて全ページが付箋で埋まってしまったからである。

 東京の芝学園に生物の教師として2年間を過ごした青春時代がプロローグとなっている。驚いたことに、その後、水族館に赴任してからの40年間、還暦を迎えた生物部の教え子たちが、先生を慕い続けているのだ。

オオサンショウウオの生態調査に人生を捧げて、朝来市生野町の廃校に移住

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。