パーキンソン病の手足の震えを改善 広がる「グルタチオン点滴療法」 (1/4ページ)

2015.1.11 17:14

点滴を受ける患者=神奈川県鎌倉市の「スピックサロンメディカルクリニック」

点滴を受ける患者=神奈川県鎌倉市の「スピックサロンメディカルクリニック」【拡大】

  • 柳沢厚生理事長

 手足が震えるなど高齢者に多い進行性の難病、パーキンソン病の治療に、抗酸化物質のグルタチオンを点滴で投与する「グルタチオン点滴療法」が静かに広がっている。健康保険が適用されず、治療費が自己負担の自由診療となるが、根本的な治療法がない中で、震えを改善したい患者の選択肢となっている。(寺田理恵)

 根治療法なく

 「一時は字も書けず、症状が進めば歩けなくなると聞かされ、とてもショックでした」

 東京都の主婦、加茂律子さん(71)は平成24年暮れ頃から手足が震えて握力が弱くなり、脳梗塞ではないかと病院に駆け込んだ。検査の結果、脳に問題はなく、25年2月に「パーキンソン病の入り口」と診断された。

 パーキンソン病は手足が震えたり、動きが遅くなったりなどの症状がみられる。症状が徐々に進行し、かつては寝たきりになると思われていた。根本的な治療法は開発されておらず、症状を緩和する薬物療法などがとられている。

料金は医療機関によって1回8千円から2万円と幅

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。