増殖する「ヌーボー」 ワイン以外の商品で“解禁日”が流行るワケ (3/6ページ)

2015.2.1 07:02

 店によると、ボジョレーヌーボからヒントを得て、平成17年から販売を開始した。通常のどら焼きは1個130円(税込み)に対し、どら焼きヌーボーは1個160円。少し高めだが、通常のどら焼きより少し大きめで、餡も約2割増しだという。

 どら焼きヌーボーの販売は販売から10年が経過したが、売り上げは約2年前から急増。昨年は約17万個と好調だ。

 最近では、秋頃になると「今年のどら焼きヌーボー解禁はいつか」という問い合わせも寄せられるようになっている。

 どら焼きヌーボーの餡に使われる小豆は、通常のどら焼きに使用される小豆に比べて鮮度が高く、みずみずしいのが特徴。通常のねかせたものよりも、小豆そのものの味がダイレクトに伝わるという。

 昨年は、夏の気温が低く温度差が少なかった上に、雨などの影響を受けることなく秋に一気に気温が下がったため、色づきがとても良いという。

担当者は「間違いなく史上最高の品質になった。品質が高すぎて…」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。