増殖する「ヌーボー」 ワイン以外の商品で“解禁日”が流行るワケ (5/6ページ)

2015.2.1 07:02

 「タオルの好みは人それぞれあると思うが、その年ならではの風合いを楽しんでほしい」と担当者。

 コットンヌーボーを販売するようになってから、コットンの収穫時期や、新しいコットンで作ったタオルの生産時期が認知され始めた。

 1月20日には、昨秋に収穫されたタンザニア・オーガニックコットン100%で作った限定生産のタオル「コットンヌーボー2015」を解禁、販売する予定だ。

 コットンは昨年11月にタンザニアから日本に到着。現在生産まっただ中だ。どのような仕上がりになるかは、まだ未知数。

 ほかにも、大手化粧品メーカー「資生堂」(東京)が販売しているシャプー「ツバキ」では、秋に長崎県の五島列島で収穫された椿油を使用した商品を「オイルヌーボー」と称して昨年12月から冬季限定で限定販売を始めた。

「搾りたてのピュアな椿オイルで仕立てたオイルシャンプー&コンディショナー」とPR

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。