増殖する「ヌーボー」 ワイン以外の商品で“解禁日”が流行るワケ (6/6ページ)

2015.2.1 07:02

 ホームページ上で「搾りたてのピュアな椿オイルで仕立てたオイルシャンプー&コンディショナー」とPRしている。

 こうした業界や企業ごとに独自の「ヌーボー」時期を設ける動きは広がりをみせている。原材料の生産地や会社などによって異なることもあるが、7月にはオリーブオイル、8月にはトマト、11月~翌年4月にはオニオンなどのヌーボーもある。

 食文化を研究する大阪食文化研究所の森田龍彦さん(42)は、食のグローバル化や文明の発達で季節に関係なく食料が流通するようになり、旬を知る機会が減ったと指摘したうえで、「ヌーボーなどの流行をきっかけに旬を知ってもらうことで、知識が深まるうえに、生産者との距離も縮まる。旬を知る動きが文化的なものとして定着していけば」と話している。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。