重症の脳梗塞起こす「心房細動」 高齢化で増加、出張検診も登場 (1/3ページ)

2015.2.15 17:14

 心臓の不整脈の一種「心房細動」。動悸(どうき)、息切れ、めまいなどの症状を引き起こし、重症の脳梗塞(心原性脳塞栓(そくせん)症)を誘発する可能性もある。高齢者ほどリスクが高く、早期発見が必要だが、75歳以上には厚生労働省の特定健診が義務づけられていない。見逃しを防ごうと独自に「心房細動検診」を行う医療機関も登場した。専門家は「検診で発見することが重要」と話している。(坂口至徳)

 80歳以上で10%超

 心房細動とは心房が細かく震えるだけで収縮しなくなり、ばらばらに脈打つような不整脈のこと。心臓全体が規則正しく拍動せず、心房内の血液がよどんでしまい、比較的大きな血栓ができる。

 この血栓が動脈を通って脳の血管に入り込むと、太い血管をふさぎ、心原性脳塞栓症と呼ばれる脳梗塞を引き起こす。脳の損傷の範囲が大きく、死亡率は約20%、寝たきりなど介護が必要な状態になる率は40~50%と高い。巨人軍終身名誉監督の長嶋茂雄氏らもこの病気になった。

加齢をはじめ、高血圧、心不全などが発症の原因

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。