ビジネス成功のカギは夜にあり! 寝起きスッキリ「爆睡」のススメ (2/5ページ)

2015.2.22 17:04

 「脳や体の休息と修復です。紫外線を浴びて肌にダメージを受けたり、お酒を飲むことで肝臓を傷めたりします。でも肌ボロボロ、肝臓が痛んだままにはなりません。睡眠中に修復されているからです」

 修復を担う物質のひとつに成長ホルモンがある。これは眠り始めの3時間、深い眠りの時に大量に分泌されるホルモンで、壊れた細胞を再生・修復する働きがあり、疲労回復にも役立っているのだ。

 また睡眠は免疫物質の分泌を促すこともわかっている。風邪をひいたら寝る、というのは治りを早めるのに重要な行為なのだ。

 「毎日規則正しく6~7時間寝るのが理想ですが、忙しいビジネスマンには難しいでしょうね」

 そこで重要になるのが睡眠の質だ。40代ともなると加齢が原因で睡眠の質は劣化。またストレスを受けると、成長ホルモンの分泌を促す深い睡眠が出現しなくなるという。ストレスフルな生活を送っている人は特に注意が必要だ。

寝つきがよく、熟睡感あふれた朝を迎えられる“爆睡生活”

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。