ビジネス成功のカギは夜にあり! 寝起きスッキリ「爆睡」のススメ (4/5ページ)

2015.2.22 17:04

 高齢になると深い睡眠が減り、眠りが浅くなる。40代くらいから睡眠の質の低下が顕著に。

 (Kales A. and Kales J.D.:1974を改変)

 《遠藤先生に聞いた》

 睡眠時間をセーブしても日中のパフォーマンスを上げる6つのお約束

 1. 朝起きたら太陽の光を浴びる

 太陽光の入る窓際で、数分過ごすだけで体内時計がリセットされる。また眠気を誘うホルモン、メラトニンも抑制され眠気スッキリ。

 2. 平日は最低でも4時間半は睡眠確保

 就寝は23時~1時、起床は5:30~8:30の間に行なうのが望ましい。遠藤先生は1:00~5:30の睡眠を30年近く続けているそう。

 3. 週末2日は睡眠不足を補う

 週に1日は7時間半、週に1日は6時間の睡眠をとる。その際、遅く起きるのではなく、就寝時刻を早くして睡眠時間を増やすのがポイント。

平日も休日も起床時間は一定に

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。