「バター不足」なぜ解消しないのか まるでパズル…難しい需給調整 (1/4ページ)

2015.2.22 07:00

バターが消えたスーパーの乳製品売り場

バターが消えたスーパーの乳製品売り場【拡大】

  • バターの入荷が不安定化する中、小売業界は実質的な販売制限を強いられている

【早坂礼子の経済ウォッチング】

 バターの品薄が続いている。昨年秋ごろから顕在化し、農水省は緊急輸入やメーカーへの増産要請をしたが、年が改まってもスーパーの棚にバターの姿は少なく、不安定な状況はしばらく続く見通しだ。背景にある日本の輸入政策の構造問題について、関係者に取材した。

 不足の元凶は生乳不足

 2月上旬の大手スーパー食品売り場。黄色いバターの箱がまばらに置かれた棚に店からの断り書きが貼られていた。「原材料不足でバターの入荷が未定です。予約販売や取り置きは一切お受けできません」。店員は「メーカーに聞いても、いつになるかわかりませんと言われるんです」とすまなそうに話した。

 数が少ないだけではない。大手メーカーのナショナルブランド(NB)450グラムの値段は、バター不足が表面化する前より明らかに上がっており、比較的安価なプライベートブランド(PB)はバターの箱はひと回り小さくして、容量を減らしている。

「何よりも原料の生乳の生産量が減ったことです」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。