「バター不足」なぜ解消しないのか まるでパズル…難しい需給調整 (3/4ページ)

2015.2.22 07:00

バターが消えたスーパーの乳製品売り場

バターが消えたスーパーの乳製品売り場【拡大】

  • バターの入荷が不安定化する中、小売業界は実質的な販売制限を強いられている

 ただ、バターの保管には倉庫や冷蔵用の電気代などがかかり、品薄と聞けば先高感も手伝って在庫量を増やすのが常だ。品不足に業界関係者が踊った結果が、いまのバターの小売価格に反映されている側面もあるようだ。

 もちろん国も手をこまねいていたわけではない。バターは国産だけでなく、国が貿易量を管理する国家貿易品目でもあり、足りない場合は農水相の承認を得て追加輸入ができる。実際、国は今年3月末までに合計1万3000トンの緊急輸入を決定。昨年11月には乳業各社に増産要請もした。

 さらに2015年度は業者の予見性を高めるため、これまで需給への影響を懸念して未公表だった輸入スケジュールを明確化し、「今後は」1月、5月、9月に輸入の判断を行うと発表。25キログラムの業務用(パラバター)だけでなく1~5キログラムの小さいサイズのバター(ポンドバター)も輸入して街の洋菓子店用のバターも確保したいという。

じつはバター不足が問題になったのはここ20年くらいで…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。