認知症デイ、小人数でなじみの関係 重度の人も機能改善図る (2/5ページ)

2015.3.8 07:07

 包丁を使うのが好きな女性には、介護福祉士、入野直子さんがニンジンの薄切りを渡していく。女性は1本を扱うのは難しいが、薄切りを千切りにすることはできる。家事に慣れない男性には、ピーラーを渡し、大根の皮むきを指導する。

 利用者がほぼ1日を過ごす通所介護だが、内田さんは「時間をつぶすためのサービスになっているところも多い。調理をするのは、認知症の人の心身や機能を活性化させたいから。生活者としての楽しみや自信を取り戻してもらいたい」と言う。

 ぼんやり動かずにいる女性には、内田さんが「ちょっと、お使いだてしてもいいかしら」と声をかけ、キャベツを洗うよう頼んだ。女性は最近、生活環境が変わり、動かなくなった。歩行が困難になることが懸念され、立ち仕事を頼んだのだ。

 利用者の潜在能力を推し量り、一人一人に何ができるかを考える。要介護4で車いすの男性には、医師やリハビリ専門職の意見も確認し、立つためにどのような訓練ができるかを考える。立てると、生活の質が大きく改善するからだ。

認知症が重度で意思疎通の難しい女性が…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。