認知症デイ、小人数でなじみの関係 重度の人も機能改善図る (5/5ページ)

2015.3.8 07:07

 ■介護職は「生活」の専門家

 国際医療福祉大学院の高橋紘士教授の話「介護職は目利きでないといけない。高齢者や障害者を観察し、それぞれが求める生活の継続に何が必要かを判断し、生活を取り戻す手助けをする。それは、要介護の人が人間を取り戻すことにつながる。だが、実際には、食べさせた、オムツを替えたといった最低限のケアになりがちだ。医師は治療、看護師は療養、リハビリ職は機能向上、ソーシャルワーカーは地域との関わり合い、介護職は生活を取り戻す専門職だ。それができると真の多職種連携が成立し、要介護者の生活の質が上がり、介護する人の負担も減る。だが、介護の専門性が共通理解になっておらず、トレーニングもされていないことが問題だ」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。