外食の食物アレルギー対策、正確な情報表示を 中途半端な対応で事故も (4/4ページ)

2015.3.15 07:15

 ■乳児の5~10%で発症

 食物アレルギーは、特定の食品を食べることで、じんましんや下痢、せきなどのアレルギー症状が起こり、命に関わることもある病気。1歳未満の乳児で最も多く発症するが、この時期に発症した場合は自然に治る例が多い。日本小児アレルギー学会によると、食物アレルギーの割合は、乳児の5~10%、幼児の約5%、小学校以降は全体の1.5~3%と考えられている。

 食品衛生法では、アレルギーの発症数や重篤度などから表示する必要性の高い「卵、乳、小麦、エビ、カニ、そば、落花生」の7品を「特定原材料」とし、加工食品に表示するよう義務付けている。また、ゴマやイクラ、大豆など20品を特定原材料に準ずるものとして表示を推奨している。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。