最近カラダにガタがきた… 10才若返るために始める5つの新習慣 (1/5ページ)

2015.5.2 17:14

【HEALTH HACKS】

 新年度になって環境が変わった人も多いはず。日頃の“仕事ストレス”もたまってくるこの時期だからこそ、チョットした習慣を変えて、元気で若々しいカラダを取り戻そうではありませんか。カラダや見た目が若返れば、仕事や家庭も少しずつうまく回り始めるはずです!

 医師・医学博士

 Rサイエンスクリニック広尾院長

 日比野佐和子先生

 内科・皮膚科・眼科医、アンチエイジングドクター。大阪大学医学部大学院医学系研究科卒業・博士課程修了。現・大阪大学医学部大学院医学系研究科臨床遺伝子治療学講座特任准教授。専門分野は欧米のアンチエイジング医学以外に中医学、ホルモン療法など。フジ『ホンマでっか!?TV』でも活躍。

 ◎若く見える人は長生きします

 最近、カラダにガタがきたと感じたことはありませんか? 人は体力の衰えを目の当たりにすると、若くありたいと願うものです。

 そもそも、老化の要因は何でしょう。赤ちゃんの肌はみずみずしく弾力性に富み、シミひとつありません。それが成長するにつれ、様々な環境や生活習慣によって徐々に劣化していきます。中高年期になると、ホルモンバランスの乱れや内臓機能の低下、ストレスなどが複雑に絡まり、カラダの内外から老化が加速していくのです。

 老化することを簡潔に言えば、カラダが錆びていくこと。錆びないようにするには、「体内のコンディションをできるだけ若く保つこと」が大切です。そしてもうひとつ、「“見た目年齢”を若く保つこと」が最新の医療現場で重要視されています。

 2009年デンマークで「見た目年齢が若いと長生きする」というデータが報告されました。その後、見た目年齢が認知機能や寿命の回数券といわれるテロメアの長さと関連している可能性も認められています。

 加齢を止めることはできません。しかし、見た目年齢を下げることは可能なのです。

あきらめは禁物!若返りは可能です

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。