早産の子供を持つ親…少ない相談窓口 前向きな育児へ支援必要 (1/3ページ)

2015.7.4 17:07

早産の子供を持つ親や医療関係者が集まり、必要な支援などについて話し合った=6月27日、東京都千代田区

早産の子供を持つ親や医療関係者が集まり、必要な支援などについて話し合った=6月27日、東京都千代田区【拡大】

  • 24週で生まれた佐々木綾子さんの長男の生後11日目の様子。写真で成長記録を残している(佐々木綾子さん提供)

 早産児は呼吸などの機能が未熟で感染症にかかりやすいほか、乳幼児期の成長が遅いことがある。周囲から「子供が小さい」などと言われて自分を責めたり、発育への不安を抱えたりしながら育児をしている親は多い。一方で早産児を持つ親が相談できる窓口は少ないといい、支援が求められている。(日野稚子)

 心ない言葉

 東京都内で6月27日、早産の子供を持つ親や医師らが集まり、早産をめぐる現状や必要な支援について話し合った。今年11月の「世界早産児デー」を前に開かれた勉強会だ。

 「子供は生まれてすぐに新生児集中治療室(NICU)に入り、その後、別の病気治療のため転院した。半年以上入院していたので早く連れて帰りたかった」。NICUを経験した親でつくる「NICUママネット のびっこ」代表の佐々木綾子さん(38)は、10年前に妊娠24週で長男を出産した経験をこう振り返った。切迫流産の恐れがあり18週で入院。早産だった長男の身長は29センチ、体重は599グラムだった。

 退院後も通院が続き、待合室で「小さくて大変ね」と声をかけられるのがつらかった。実父に長男の写真を見せようとしたら「かわいそうで、見られない」と言われ、ショックを受けたことも。

母体から与えられる脂肪酸や鉄などの栄養が不足

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。