もうすぐ第1志望の企業の面接… 店舗見学やOB訪問で企業研究深めて (1/3ページ)

2015.7.11 17:03

 【Q】第1志望の企業の面接が迫っています。どんな準備をすればよいでしょうか

 【A】志望企業の研究をもう一段深めてみよう

 「本命企業の面接日程が決まり、緊張が高まっています」など、面接を控えた学生から声が届いています。いよいよ8月から大手企業の面接選考が本格化します。

 そうした企業を第1志望としている学生は落ち着かない日々を過ごしているようです。気持ちがもやもやしているときこそ、行動あるのみ。今からでもできることはありますので、後悔のないよう、万全の準備で面接に臨みましょう。

 「就職白書2015」では、企業に対しては「応募学生に対する評価」を、先輩学生には、自身の就職活動に関する「自己評価」を聞いています。「仕事・職種研究」の項目で、両者の評価に大きな差が出ました。企業は「十分」「どちらかといえば十分」と回答したのが計26・4%だったのに対し、学生は計40・2%。つまり、「仕事・職種研究」は、学生が思っているほど企業側の評価が高くないという結果でした。

複数の店舗を回るだけで、その企業の特徴や違いを得られる

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。