「カードは1~3軍」財布にこだわりなし 合理的で筋肉質な使い方 (4/4ページ)

2015.11.3 17:04

 清水氏は、財布を日常生活費、子ども関連費、自分の小遣いや経費立て替えの3つに分けている。それぞれの財布に毎月決まった額を入れ、それぞれの財布から必要な額を出す。

 公共料金等は大体いくら必要かわかっているので口座振替やカード決済を利用し、あらかじめ定額を入金する。レシートは確認資料なのでそれぞれの財布に入れておくが、1カ月ごとに確認した後、破棄するので、財布がぱんぱんになることはない。

 生活設計塾クルーFP 清水 香さん

 「財布は3つに分けて、しっかり家計を守ります!」

 財布は用途別に3種類つくるが、持ち歩くのは仕事の経費、自分のお金を入れるものだけ。後の2つは家に置いておく。

 それぞれの財布に入れる額は毎年4月に生活の変化に応じて見直す。クレジットカードはマイルやポイントがたまるものを主に使用。子ども用財布には毎月一定額と一緒に病院の診察券、保険証等が入っている。

 (山本信幸=文 相澤 正、宇佐美雅浩(ジム・ロジャーズ)=撮影)(PRESIDENT Online)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。