「イケメン」「あの銅像がまさか」 朝ドラ効果か…大阪取引所の見学者急増 (1/3ページ)

2015.11.29 07:12

五代友厚の銅像が立つ大阪取引所のエントランス=大阪市中央区

五代友厚の銅像が立つ大阪取引所のエントランス=大阪市中央区【拡大】

 日本取引所グループ(JPX)傘下の大阪取引所(大阪市中央区)の見学者が急増している。NHK連続テレビ小説「あさが来た」で、前身の大阪株式取引所設立に尽力した五代友厚(1836~85年)が登場し、女性を中心におすすめスポットとして注目が集まっている。東京証券取引所が扱う現物株に比べ、大阪取引所のデリバティブ(金融派生商品)への注目度は低く、同取引所は朝ドラ効果を“大阪復権”のきっかけにしたい考えだ。(牛島要平)

 「大阪を経済都市にしてくれた恩人。なかなかのイケメン」「あの銅像がまさか五代才助(友厚)さんだったなんて」…

 大阪取引所のエントランス前に立つ五代友厚の銅像は平成16年12月に除幕されたが、五代が朝ドラに登場したことで脚光を浴びた。スマートフォンの写真共有アプリ「インスタグラム」のキーワード検索で、「五代友厚」の投稿件数が急上昇中だ。朝ドラで五代を演じるディーン・フジオカさんとともに五代の銅像の写真もアップされている。

大阪株式取引所は明治11年、五代が発起人となって設立された

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。