「報道ステーション」古舘伊知郎キャスター、来年3月で降板へ

2015.12.24 11:23

古舘伊知郎氏

古舘伊知郎氏【拡大】

 テレビ朝日は24日、報道番組「報道ステーション」(月~金曜午後9時54分)の古舘伊知郎メーンキャスター(61)が、来年3月末で降板することを発表した。古舘氏から「現在の契約が終了する来年3月いっぱいで、出演を終了したい」と申し出があったという。

 テレ朝によると、局側は古舘氏を慰留したが、最終的には「新しいジャンルにも挑戦したい」という本人の意向を尊重。番組は来年4月以降も継続予定で、後任についてテレ朝は「現在、調整中」としている。

 番組は平成16年4月、久米宏さんがキャスターを務めた「ニュースステーション」の後番組として、古舘氏をキャスターにスタート。23日までの放送回数は2960回、平均視聴率は13・2%。

 同局は「視聴者の皆様に支持され、長期間にわたってテレビ朝日のプライムタイムの視聴率を牽引してくれました。これも日々の必死の努力と真摯な研鑚から生まれる、的確で歯切れのいいアンカーマンぶりのおかげであり、12年間の多大な功労に当社として心から感謝いたします」としている。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。