【江藤詩文の世界鉄道旅・新年特別企画】肥薩おれんじ鉄道おれんじ食堂(2)レストラン列車の地域密着型メニュー全皿一挙紹介! (1/2ページ)

2016.1.10 18:00

「薩摩八重ファーム」より前菜5種と季節野菜のピクルス、人参のディップ、白桃のムースを盛り合わせた「ライトミール」

「薩摩八重ファーム」より前菜5種と季節野菜のピクルス、人参のディップ、白桃のムースを盛り合わせた「ライトミール」【拡大】

  • 湯の鶴迎賓館「鶴の屋」より「サンセットディナー」。1品目の前菜5種。完熟トマトのムース フォアグラの炙り、鶴の屋流野菜寿司、黒豚ベーコン 冬瓜のシロップ漬け、野菜のキッシュタルト、八代い草めん冷製仕立て
  • 2品目の前菜3種は、水俣岡本種苗園のシャドウクイーンのロースト、水俣プチしらすめし、水俣岡本種苗園の胡瓜の山葵風味 蛸のマリネ。スープは棚田米の冷製ポタージュ
  • メイン料理。不知火海車海老 帆立のムース詰め 白身魚の香草焼き。不知火海に差し掛かるころに不知火の海の恵を提供するのは気が利いている。満腹で食べなかったが、おれんじパンも用意されていた
  • デザートは、ガトーショコラ、鬼塚農園の柑橘ジュレ、鬼塚日照堂プロデュース八代い草のムース
  • 不知火海の夕陽に乾杯!
  • 「オーバー・ザ・レインボウ」や「A列車で行こう」など、聞き慣れたスタンダードナンバーの演奏に車内も盛り上がる
  • 2号車もなかなかロマンチック
  • 出水駅にて。大急ぎで料理を運ぶスタッフ
  • 停車中、さまざまなラッピング車両を見かけた
  • こちらはスタンダードな車両だそう

 “元祖レストラン・トレイン”として、熊本の八代と鹿児島の川内を結ぶ「おれんじ食堂」。1号車の「ダイニング・カー」と2号車の「リビング・カー」の2両編成で、1号車はミールとお土産つきのパッケージプランのゲスト専用車、2号車は乗車のみで食事はつかない。私は、川内駅から新八代駅まで通しで乗車し、「ライトミール」と「サンセットディナー」の両方がつく「クルージングディナー」を選んだが、川内駅から出水駅までの前半、または出水駅から新八代駅までの後半のいずれかの区間だけでも乗車できる。

 私が乗車した日の1号車・前半の乗車率は4割ほど。カップルなど2人連れがほとんどで、静かな時間を楽しんでいた。出水駅では大阪から来た10人以上の団体ツアーが乗り込み、全席満席で一気に賑やかになった。

 美食と美酒には目がない私は、ことのほか料理を楽しみにしていた。だって3時間44分もかけて、だらだら飲んだり食べたりできるのだ。飲み会でいったら1次会が終わって2次会の佳境くらい? その間ずっと電車に乗っていられるなんてすばらしい……! そんな予想は大きく外れた。なぜって観光列車でもある「おれんじ食堂」は、停車駅ごとに観光スポットやイベントが用意されている。食事をとりながらも乗ったり降りたり、意外と慌ただしいのだ。

もてなしを尽くすスタッフの心こそ、最高の調味料

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。