子供の爪のトラブル防ぐには? 切りすぎや靴に注意…マニキュアも控えて! (1/3ページ)

2016.1.16 17:02

巻き爪が悪化した16歳女性の爪(皮フ科シュウゾー提供)

巻き爪が悪化した16歳女性の爪(皮フ科シュウゾー提供)【拡大】

  • 爪の幅を狭くする手術によって巻き爪が完治(皮フ科シュウゾー提供)

 大人よりも薄くてやわらかい子供の爪。成長に伴って厚く強くなっていくが、同時に巻き爪などのトラブルも増えてくる。一度トラブルになると、日常生活に支障を来すことも。子供の爪のケアについて、注意点を専門医に聞いた。

 湿潤療法

 「爪は剥がれても生え替わりますが、ダメージを受けると変形していきます」。大阪皮膚科医会会長を務める大阪府豊中市の「皮フ科シュウゾー」院長、河合修三医師(55)はこう話し、爪を大切にするよう訴えている。

 河合医師によると、0~1歳の乳児の爪は薄く、親指の爪の厚みは約0・2ミリ。成長に伴って少しずつ大人の厚み(0・3~0・8ミリ)に近づいていく。薄ければ薄いほど欠けやすいため、注意が必要だ。

 乳幼児期に多いのが、口や手足に発疹が出る手足口病の後に、爪が剥がれてくるトラブル。河合医師によると「基本的には生え替わるのを待つしかない」。爪が剥がれきっていなければ無理して剥がさず、浮いている部分のみをカットする。

足の爪は角を丸く切らずに四角く残し、指の先端より短くは切らない

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。