中小賃上げ、春闘の焦点に 景気回復で深刻な人手不足 (1/2ページ)

2016.1.16 06:41

自動車用のバネを製造する作業員。16年春闘では人手不足対策から賃上げを実施する中小企業が増えるかもしれない=大阪府東大阪市

自動車用のバネを製造する作業員。16年春闘では人手不足対策から賃上げを実施する中小企業が増えるかもしれない=大阪府東大阪市【拡大】

 2016年春闘の焦点の一つが中小企業の賃上げ。景気回復に伴い中小企業の間で人手不足が深刻化、日本商工会議所が昨年8月に発表した調査でも半数の企業が「人員が不足している」と回答した。大手企業も採用に意欲的なため、人手不足感が改善に向かう可能性は低い。こうした動向を踏まえ、16年春闘では人手不足対策という観点から賃上げが中小企業に広がる可能性もある。

 微細加工装置などの最先端製品を手がけるエリオニクス(東京都八王子市)は、研究開発用装置を開発する上で、優秀な人材の確保が常に求められる。岡林徹行社長は「大手並みあるいはそれ以上の待遇を意識している。16年度はかなり厳しい業績が見込まれるが、昨年並みの賃上げを実施したい」と話す。

 人手不足が常態化しているのがサービス産業。グループで建物管理や福祉関連事業などを展開するアイル・コーポレーション(さいたま市浦和区)の籠島延隆社長は「経営が苦しいので賃上げを見送ると言ったら新卒採用が難しくなり、社員の質も下がってしまう。人事体系に穴を開けないためにも、ある程度の引き上げが必要」と語る。

「人手不足対策で賃上げに踏み切るケースが増えるだろう」と予測

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。