無味乾燥な情報を“お金”に変える3つの力 (1/5ページ)

2016.1.23 17:10

 GDPを支える「構成要素4つ」を言えるか?

 年末年始の休暇に、情報分析力を高める(=情報を知恵に変える)というテーマの本をあらかた書き上げました。その中で、情報分析力を高めるフレームワーク(基本的枠組み)について考えました。

 結論から先にいうと、次の3つを鍛えることが重要だという結論に達しました。

 (1)「基本的な情報」を得る

 (2)「基礎的な知識」を習得する

 (3)「思考力」を高める

 例を挙げながら、説明をしていきましょう。

 まず、(1)の「基本的な情報」についてです。たとえば、安倍首相がアベノミクスの1つの目標として、「名目GDP600兆円を目指す」と述べています。ここで、現状の名目GDPが約500兆円であるという「基本的な情報」を持っていれば、「600兆円までは20%増」という分析ができます。

 さらに、1990年代初頭の日本の名目GDPも現状と同じ約500兆円だということを知っていれば、「600兆円達成はそう簡単ではない」ということも分かるはずです。

つまり、ベースとなる情報を持っているかどうかということが…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。