「高収入の浪費男」と「平均的な収入の節約男」…女性が結婚したいのはどっち? (3/3ページ)

2016.1.24 07:00

 ■お金にまつわる残念なエピソード

 ●ギャンブルで浪費する夫に腹が立つ。言っても直らなくて困る。(30代後半)

 ●すごく好きでもう付き合う寸前だった彼が借金男で仕事も転々としている事実を知り、幻滅した。(10代後半)

 ●昔付き合っていた彼と、2人で貯金していたのに 別れた途端、全額持ち逃げされた。(20代前半)

 ●元彼に「奢ってよ。」と冗談ではなく本気で言われたこと。(20代前半)

 ●元旦那が浪費家で借金だらけで苦しんだ。(40代後半)

 過度なギャンブルや借金、浪費家に悩まされたことがあるという人が多くいることがわかった。お金にだらしなくないかは付き合う前や結婚する前に見極めたいものだ。「高収入の浪費男VS平均的な収入の節約男」の結果は、「平均的な収入の節約家男」の圧勝という結果に。ハッピーなエピソードでも彼との貯金に幸せを感じる人が多いことがわかった。次のモテ男は節約系男子なのかもしれない。

 【調査概要】

 調査地域:全国

 調査方法 :女性向け体調管理アプリ・サイト『ラルーン』会員にアンケート調査を実施

 調査期間 :2015年8月

 サンプル数 :1407名

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。