小さくなったマタニティーマーク 批判に萎縮…「付けたくない」 (4/4ページ)

2016.1.24 07:19

昨年12月に発売された「初めてのたまごクラブ」の付録のマタニティーマークをあしらったストラップ(右)。平成23年の付録(左)に比べ小さくなっている(ベネッセコーポレーション提供)
昨年12月に発売された「初めてのたまごクラブ」の付録のマタニティーマークをあしらったストラップ(右)。平成23年の付録(左)に比べ小さくなっている(ベネッセコーポレーション提供)【拡大】

 こうした現状について、国立保健医療科学院(埼玉県和光市)生涯健康研究部の主任研究官で、産婦人科医でもある吉田穂波さんは「少子化のため妊婦が減り、つわりのつらさなどが理解されにくくなっているのでは」と指摘。一方で、「妊娠は病気じゃないから」と遠慮する妊婦もいるといい、「妊娠は危険と隣り合わせ。つらいときには周囲を頼った方がいい」と話している。

 ■男性と中高年の認知度低く

 内閣府が平成26年、全国の20歳以上の男女(有効回答数1868人)を対象に実施した調査では、中高年や男性の間でマタニティーマークの認知度が低い実態が浮かんだ。

 調査結果では、マークを「知っていた」と答えた人は全体の53.6%。年齢別で見ると20~30代では「知っていた」が7割以上を占めたが、40代(63.1%)▽50代(55.8%)▽60代(44.3%)▽70歳以上(33.7%)-と年齢を経るごとに知る人の割合は低くなっていった。

 一方、男女別で見ると、女性の63.8%が「知っていた」のに対し、男性は41.4%にとどまった。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。