ネット通販、ホテル、外食の投稿…実は“やらせレビュー”が横行していた?! (6/9ページ)

2016.1.24 17:12

アマゾンジャパンが始めた音楽配信サービス「プライムミュージック」のネット画面

アマゾンジャパンが始めた音楽配信サービス「プライムミュージック」のネット画面【拡大】

 昨年4月9日付ロイター通信などによると、これらのサイトは、高評価レビュー1投稿に対し、19ドル~22ドル(約2230円~約2600円)の報酬を受け取っていたといいます。

 この提訴で当該の4つのウェブサイトは閉鎖され、当然ながらアマゾンは該当商品を凍結。関わった販売者を除名しましたが、これに続き今回“やらせレビュー”を請け負っていた個人も提訴したというわけです。

 アマゾンで最初にカスタマーレビューが書かれたのは1995年6月で、これまでに全世界で1億以上のレビューが書かれていますが、一方でアマゾンに限らず、様々なネットサービスではステマに代表される“やらせレビュー”の横行も問題化しています。

 米イリノイ大学が2011年に発表した研究結果によると、ネット通販されている商品のカスタマーレビューの30%はニセモノ、つまり“やらせ”で、ホテルやレストランのサイトのレビューでも10%~20%はニセモノだったといいます(昨年10月19日付米CNN電子版)

というわけで、昨年、立て続けに“やらせレビュー”撲滅の姿勢を…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。