ネット通販、ホテル、外食の投稿…実は“やらせレビュー”が横行していた?! (7/9ページ)

2016.1.24 17:12

アマゾンジャパンが始めた音楽配信サービス「プライムミュージック」のネット画面

アマゾンジャパンが始めた音楽配信サービス「プライムミュージック」のネット画面【拡大】

 というわけで、昨年、立て続けに“やらせレビュー”撲滅の姿勢を見せたアマゾンには大きな注目が集まりました。

 今回、訴えられた1114人は、アマゾンの審査を逃れるため、複数のアカウントやIPアドレスを使い分けていたほか、商品が入っていない空の封筒を受け取るなどの手口で配送記録をでっちあげ、商品購入者であることを証明する「認証マーク」を取得したといいます。

 アマゾンのカスタマーレビューは当該商品を購入していなくても投稿できますが、「認証マーク」があるレビューに関しては、実際にアマゾンで当該商品を購入し、使っている人の感想ということで信頼度が増します。ところがこの「認証マーク」まで嘘っぱちだったというのです…。

 アマゾンによると、例えば「bess98」と名乗る人物はファイバーで「あなたがアマゾンで販売する製品やキンドルブック、電子書籍に素晴らしいレビューを書きます」とPRし、24時間365日、30もの異なるアカウントを使い分けて“やらせレビュー”を投稿し続けていたといいます。

アマゾンに限らず、カスタマーレビューを抱える欧米のウェブサービスでは…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。