独自の進化遂げた手書き式「手帳」 スマホのアプリにはない魅力とは? (1/3ページ)

2016.1.24 08:02

 新年や新年度の節目にあわせ、購入する機会が増える「手帳」。スケジュール管理が便利なデジタル機器があふれる時代でも、あえて手書き式を愛用する“こだわり派”は多い。最近は、家族なども含む複数の予定を同時に管理できたり、壮大な人生設計まで書き込めたりと、さまざまな機能を加えて独自の進化を遂げている。(石川有紀)

 スマホ超える一覧性

 大阪・梅田の東急ハンズ梅田店では、手帳コーナーが学生や会社員らでにぎわっている。

 スマートフォンのスケジュール管理アプリなどを使わず、手書き式にこだわる男子高校生は「手書きにすれば、予定を覚えられる。短い日記まで書けて、後で読み返すのも簡単」とメリットを強調する。

 同店で特に人気なのが、グリーティングライフ(東京)の手帳「モーメントプランナー」。手帳の折り方を工夫するだけで、年間と月間、週間という3通りの予定を一目で見比べることができる。

同社の経理担当者が自作していた手帳をヒントに…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。