気を使う下着もOK…古着リサイクルで節約 社会貢献活動の一環にも (1/3ページ)

2016.1.31 07:05

子供の靴を下取りに出す客。西武池袋本店だけで、1日約60足の子供靴が持ち込まれている=東京都豊島区の西武池袋本店

子供の靴を下取りに出す客。西武池袋本店だけで、1日約60足の子供靴が持ち込まれている=東京都豊島区の西武池袋本店【拡大】

  • 下着の回収袋。中身が見えないようになっている(ワコール提供)
  • 企業のリサイクル・下取りの取り組み

 似合わなかった洋服や古くなった下着、子供の靴など、処分に困っている人も多いだろう。そんな時はリサイクルを利用してみるのも手だ。不用品と引き換えに商品券などがもらえるうえ、回収品を社会貢献に役立てる取り組みが増えている。不用品の新たな活用法として注目されている。(中井なつみ)

 商品券に交換

 「ほとんど使わず、しまったままだった」。埼玉県ふじみ野市の主婦(30)は、数回しか袖を通していないシャツやワンピース、バッグなど5点を、丸井グループ(東京都中野区)が各店舗で行っている「マルイの下取り」に出した。働いていた2年前に購入したものの、退職後は使う機会がなかったものだ。1点につき200円、計千円分の商品券と交換してもらった。

 このサービスは、同社の社会貢献活動の一環として平成22年5月に始まり、昨年3月までに約450万点の品物が集まった。当初は期間限定のイベントだったが、反響が大きく一部の店舗では通年で開催している。

 回収品は専門のスタッフが選別したあと、古着として同店で販売するほか、途上国に寄付するなどして活用する。女性は「少しでも誰かの役に立てたらうれしい」と笑顔を見せる。

成長が早い子供の靴は、すぐに履けなくなってしまうもの

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。