【0ne-Will特別講演】「自分で自分を育てて」 「吉香」の吉川社長が学生に熱弁

2016.2.5 14:19

 次代を担う大学生に働く志を伝え、育む「次代人財養成塾One-Will」(主催・秀實社、協力・産経新聞社)は、国際会議の企画・運営、90カ国語に対応した通訳サービスで実績を持つ吉香(きっこう、東京都)社長の吉川(きっかわ)稲氏を招き、「起業から36年半・その体験から学んだこと~仕事も勉学も品格ある自分作り」をテーマに特別講演を開催した。

 吉川氏は、「現在のみなさんは、これまでのみなさんの行動の積み重ねでできあがっている。これからも行動を積み重ねて、これからの自分になる。これは、自分というものはすべて自分の責任ということ」と、行動の重要性を説明した。

 また不遇が重なった時に、「事務所に20鉢あった大切な胡蝶蘭が枯れ始めた時も、苦しかったせいか何も感じる余裕がなかった。でも、最後の1鉢が枯れたとき、自分の悲しみを蘭が身代わりになってくれたてくれたんだ、とハっと。その1鉢を抱きしめて、ありがとう、と号泣した。胡蝶蘭への感謝の気持ちが芽生えた翌日から、不思議なように仕事が舞い込むようになった」と体験を交えて、感謝することと、それを行動に移すことの大切さを説いた。

 そして「感謝のエネルギーは丸いカタチをしている。トゲのあるものと違って、どこにでも入っていける。ありがとうが自分の器も大きくする」と、「ありがとう探し」を提案した。

 吉川氏はその後も、「マイナスの時には、そこから何を学べるかを考え、それを行動に移しせばいい。自分で自分を育てほしい」などと、思いを込めて1時間にわたり熱弁をふるった。熱のこもった講演に約30人の学生は真剣に耳を傾け、終了後には「心がふるえた」などの感想が相次いだ。

 One-Willは今後、UBICの守本正宏社長、日テレイベンツ非常勤顧問の石川牧子氏らを迎えた特別講演を予定している。

 ■次代人財養成塾One-Will(ワンウィル) 次代を担う大学生を対象に、働く心構えや志を育む3か月間の無料塾。自己分析などの講義、経営者の特別講演、職場体験などのプログラムをこなせば修了証が授与される。学生は開催中、参画企業の幹部、経営者の助言が受けられる。主催は秀實社。問い合わせは03・6264・2377。HPは、http://syujitsusya.co.jp/one-will/ 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。