なぜ女性は「目先のお金」にとらわれ、男性は「スペック重視」になるのか (6/6ページ)

2016.2.6 17:08

 しかし、最近は単なるすれ違いだけでは済まないようである。特に勘違いしていて危ないのが40代、50代の男性だと伊東さんは警告する。

 「羽振りのいい男性がモテるというのはひと昔前の話です。考えもなしにお金を使う男性は、ただの困りものと思われてしまいます。その点、イマドキの若い男の子はシッカリしています。そういう意味では女性型だと言えます」

 せっかく夫婦で買い物に出かけても、ケンカになることもあるはず。

 「奥さんと一緒に買い物に出かけて意見が分かれたときは、奥さんの意見にぜひ耳を傾けてください。つい反論したくなりますが、結果的には奥さんの言うほうが正しかったと打ち明ける男性は多いのです。戦うよりも参考にすることです」

 伊東さんは念を押した。

 (構成=矢野貴之)(PRESIDENT Online)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。