「自宅で作成してみて」タブレットでも確定申告 国税庁HPにコーナー新設

2016.2.10 10:54

 16日に始まる平成27年分所得税の確定申告受け付けに向け、国税庁はホームページ(HP)の確定申告書作成コーナーにタブレット端末でも利用できる「給与・年金画面」を新設した。医療費や住宅ローンの控除の申告などにも使える。

 これまでもHP上で申告書は作成できたが、文字や入力欄を大きくし、スクロールが必要ないシンプルな画面にしてタブレットでも使いやすくした。家庭用プリンターで印刷すれば郵送での申告が可能で、国税庁は「自宅で作成してみてほしい」と呼び掛けている。

 国税電子申告・納税システム(e-Tax)を使うとインターネットを通じて申告できるが、利用には個人番号カードか住民基本台帳カードが必要。多くのタブレットはカードの読み取り機能がなく、e-Taxを使えないという。

 給与・年金画面は、自営業者の「事業所得」や株式の配当といった「配当所得」などの項目を省き、給与や年金の額や源泉徴収税額などに絞った。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。