「セクハラ」「パワハラ」「マタハラ」…まとめて春から「ハラスメント」面倒見る窓口ができるぞ。都道府県の労働局

2016.2.25 08:48

 厚生労働省は4月から、都道府県労働局にマタニティーハラスメントやパワーハラスメントなどの相談や紛争解決に一元的にあたる新部署を設置する。ハラスメント(嫌がらせ)の内容により異なっていた窓口を一本化し、相談しやすくするとともに、働きやすい職場づくりに向けた企業への指導や啓発も強化する。

 現行ではセクハラとマタハラは各労働局の「雇用均等室」が、パワハラは「総務部」や「労働基準部」が対応。ただセクハラやパワハラを同時に受ける“複合的被害”の場合に、窓口をたらい回しにされるケースや、同じ企業への指導や勧告を異なる部署が行うケースもあり、見直す。

 4月からは嫌がらせ被害への対応業務を新部署の「雇用環境・均等部(室)」に集約。平成26年度に各労働局に寄せられた相談はマタハラが4028件、セクハラが1万1289件、パワハラを含むいじめや嫌がらせが6万2191件。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。