最初からハードル高すぎ…超難関の京大「特色入試」 早くも見直し論浮上 (1/3ページ)

2016.2.27 17:04

平成28年度入試から新たに特色入試を始めた京都大=京都市左京区の吉田キャンパス

平成28年度入試から新たに特色入試を始めた京都大=京都市左京区の吉田キャンパス【拡大】

  • 「難しすぎる」との声も上がる京都大の特色入試。試験秀才ではない〝とんがった人材〟を発掘しようと山極寿一総長は自らポスターに登場、特色入試のPRに余念がない=京都市左京区の京大吉田キャンパス

 ■早くも見直し論 丁寧な説明が必要

 京都大が今春の受験で、2次試験(今月25~26日)とは異なる選考方法として、ユニークで個性的な人材を集めることを目的とした「特色入試」を初めて実施した。

 3月に実施する法学部を除く9学部・学科では、定員88人に対し、志願者292人が受験した。しかし、医学部医学科(定員5人)で合格者が1人となるなど、合格者数が“定員割れ”の60人にとどまる超難関ぶりが話題となった。

 この試みは、将来のノーベル賞候補者になるような超優秀な逸材を獲得したいという京大の意欲的な思いが背景にある。出題された試験問題も難問中の難問で、理学部では、数学の試験で4時間かけて4問を解く超難問が出題された。

 受験するための条件も厳しい。学部・学科によっては国際科学オリンピックの出場者や英語能力測定試験「TOEFL」の高得点者などが最低条件となっており、中には志願者数が0人や定員に満たない学部・学科もあった。

ただ、初年度ということもあり、今回の取り組みは…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。