「クサい男」は出世できない、女にモテない 対処しない理由は何か? (3/6ページ)

2016.3.5 17:15

 例えば、毛髪について。

 薄毛や抜け毛を多少なりとも気にしている男性は1030人中、半数近く。にもかかわらず、薄毛対策として育毛剤などの商品を使ったことがない人が45.2%と半数近くもいる(AGAスキンクリニックによる薄毛に関する意識調査)。

 また別のアンケートを見ると、スキンケアやヘアケアに6割近くの人が多少関心を持ちながらも、対処をしている人はほとんどいなかった(インテージによるビジネスパーソン意識調査「男性の美容意識」)

 自分は「実年齢より若く見える」と勘違い

 男性はニオイより外見が重要。そう考えていながら、外見上の劣化が気になっても対処できていない。矛盾している。彼らが対処しない理由は何か? 

 同調査における回答を見ると、白髪、乾燥・かさつきに対しては「そこまでの必要性を感じないから」(各4割程度)、薄毛や肌のハリ・たるみは「対処法が分からないから」(各3.5割)だそうだ。

公務員のタカシさん(41歳・既婚)は白黒のゼブラ髪

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。