「クサい男」は出世できない、女にモテない 対処しない理由は何か? (6/6ページ)

2016.3.5 17:15

 残念ながら、「クサくない」という評価は日によって上下するもので、アテにはならない。女性たちは、日ごろ、ショッピング施設や美容店などでアロマセラピーやらお香やらのいい香りに包まれ、家では柔軟剤を使う、いわば人工的ないい香りに慣れている。だから、男性陣のまったく無防備で野性的な汗のニオイや口臭、数年分のタバコ臭・居酒屋臭が染みついたスーツやコート、満員電車内で強制的にかがされる男用整髪剤のへんてこな香りには大いに違和感を覚える、という声が多い。男性には口に出して言わないだけだ。

 昨日までは本当に「無臭」と感じていた男性上司が今日は汗のニオイを漂わせたら一瞬で感知し、「クサメン」認定をされるのが女子業界の暗黙の了解。そんな女性から「異臭」を嗅ぎ取られないようにするには、もはや女子ウケする柔軟剤の香りでごまかすしかないかもしれない。

 [出典]

 ・湘南美容外科クリニックによる「匂い」に関するアンケート/調査対象:14歳~49歳の男女各200名(計400名)/調査年月:2013年5月/http://www.s-b-c.net/media/newsrelease-20130528_01.html

 ・AGAスキンクリニックによる薄毛に関する意識調査/調査対象:20代以上の男性1030名/調査年月:2015年5月/http://www.agaskin.net/public/000.php

 ・インテージによるビジネスパーソン意識調査「男性の美容意識」/調査対象:20歳~59歳のビジネスパーソン男性800名/調査年月:2015年2月/https://www.intage.co.jp/library/20150325/

 (フリーライター 桜田容子=文)(PRESIDENT Online)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。