子供の「先天性心臓病」 患者自身の「回復後注意」必要 (1/4ページ)

2016.3.6 07:03

先天性心疾患の子供の自己管理に役立つ「しんぞう手帳」(コラージュ)

先天性心疾患の子供の自己管理に役立つ「しんぞう手帳」(コラージュ)【拡大】

 生まれつき心臓に病気がある先天性心疾患。医療技術が進歩し、今では手術や投薬により95%以上が治療に成功し、成人期を迎えるようになった。一方、病気への理解が不足し、病気が治ったと思い込んで検査に行かなくなったり、薬を飲まなくなったりして、再び患う人が増えている。このため、患者への啓発の必要性が指摘されている。(油原聡子)

 100人に1人

 「おやつは食べ終わった?」

 保育士と一緒に乳幼児が楽しそうにおもちゃで遊んだり、おやつを食べたり。2月下旬、東京都渋谷区の施設に先天性心疾患の子供と母親が集まった。先天性心疾患の子供を持つ親らでつくる自主保育グループ「こぐま園」の活動だ。

 左右の心室を隔てる壁に穴が開いているなど、生まれつき心臓の構造や血管に異常がある先天性心疾患は新生児の100人に1人の割合で見られる。

 疾患の種類にもよるが、先天性心疾患の子供は、日常生活上の注意点が多い。血液の循環が不十分で疲れやすい子供もいる。心臓に負担がかからないよう、感染症に注意したり、運動制限が必要だったりする子供もいる。

「先天性心疾患は一生付き合う病気。回復したと思っても…」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。