【35歳からの転職ウラ事情】(20)自分の中の資産を洗い出す (1/2ページ)

2016.3.8 05:00

 □ルーセントドアーズ社長・黒田真行氏

 35歳を超えて初めて転職活動をするという方から、何から手を付けていいかわからない、という相談を受けることがあります。そんな方々もほとんどの場合「自分がこれまでやってきたこと」「今の自分にできること」は整理されています。

 ただ、そうやって仕事探しを始めた場合に起こりやすい問題が一つあります。「やってきたこと&できること」起点で考え始めた場合、いつのまにかそれだけが「やりたいこと」に変質し、さらに時間がたつと「それ以外にできない仕事」に固定化してしまう現象です。

 転職サイトなどの検索項目によくある「職種別検索」が、“仕事は職種から選ぶもの”と誘導しているのも大きな理由ですが、転職に慣れていないと、この職種別検索が「経験のある職種別検索」に見えてしまう固定観念バイアスが発生するようです。

 職種の種類は、大ざっぱにわけても350種類以上あります。それらをすべて知ることは不可能ですが、だからといって「やってきたこと」しか「できない」というのは早計です。年齢を重ねれば重ねるほど、一つの仕事の経験期間が長くなるほど、この傾向は顕著になります。積み上げてきたものを失う“もったいない意識(サンクコスト)”がさらにそれを加速させるからだと思います。

 ただ、間違いなく言えることは「これからの自分にできること」は、決して「これまでの自分がやっていたこと」だけではないということ。転職相談をしていると、自らの固定観念で、自らの可能性に蓋をしてしまうことのほうがもったいないと感じることが本当に多くあります。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。