精子介し子供が糖尿病体質に? 父の食生活の乱れが影響 (2/3ページ)

2016.3.12 17:01

日本成人病(生活習慣病)学会で特別講演する春日雅人・国立国際医療研究センター総長。父親の食生活が子供の生活習慣病に影響することを報告した=東京都千代田区

日本成人病(生活習慣病)学会で特別講演する春日雅人・国立国際医療研究センター総長。父親の食生活が子供の生活習慣病に影響することを報告した=東京都千代田区【拡大】

 その上で、それぞれの群の雄を正常な雌と交配。生まれた子供を同期間育ててから血糖値を測定したところ、高脂肪食群の雄から生まれた方の数値が有意に高かったという。

 両群の子供のマウスには高脂肪食を与えていなかった。春日総長はこの点をとらえ、「父親の代の高脂肪食の影響がすぐ次の代に遺伝情報として伝わったことを示すものだ」と分析する。研究によると、父親の精子を通じて子供に伝わった可能性が高いという。

 新たな環境因子

 胎児期に胎盤を通じて母親とつながっていることから、母親の影響に関する論文はすでに膨大な数が発表されている。例えば、過度のダイエットを行った女性から生まれた低体重の子は、メタボや生活習慣病になりやすいことは比較的よく知られている。

「父親の食生活の内容も重視すべき時代がもうすぐ来るかもしれない」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。