「命の価値が78円」小学生の作文を絵本に 野良猫の殺処分考えるきっかけに

2016.3.17 14:59

 野良猫が1匹当たり78円で殺処分されていることを知った小学生が書いた作文「78円の命」の絵本化に向け、インターネットを通じた募金が始まっている。呼び掛けるのは首都圏の若手ライターや写真家のグループで、メンバーの一人で、ライターの戸塚真琴さん(28)は「幼いころから命について考えてほしい。捨てる人がいなければ、野良猫を殺処分しなくて済む」と訴えている。

 「生き物を飼うということは1つの命にきちんと責任を持つことだ。おもちゃのように捨ててはいけない」。「78円の命」は、愛知県豊橋市の中学3年、谷山千華さん(14)が小学6年の時に書いた作文だ。

 かわいがっていた近所の野良猫が産んだ子猫が保健所に連れて行かれたことを機に、毎年20万匹以上(当時)の動物が1匹当たり78円で殺処分されていることを知った。「命の価値がたったの78円でしかないように思えて胸が張りさけそうになった」とつづっている。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。