男児の子育て、母には難しい? 育児本は女児の3倍…「行動読めない」 (1/4ページ)

2016.3.19 17:05

書店の育児本コーナーでは、女児よりも男児の育て方をテーマにした本の取り扱いが多いという=東京都千代田区の三省堂書店神保町本店

書店の育児本コーナーでは、女児よりも男児の育て方をテーマにした本の取り扱いが多いという=東京都千代田区の三省堂書店神保町本店【拡大】

  • おもちゃはどこ?男児は突然、思い切った行動にでることも多い。母親の悩みの種の一つだ

 スピードが速くてついていけない、木の枝があれば手当たり次第に振り回す、ポケットに石ころが入っている。こんな男児ならではの行動に悩まされる母親は多い。「異性」であるわが子を理解できないという母親の心理を反映してか、最近は「男の子の育児」をテーマにした本の出版が増えている。男児を持つ母親の心得を聞いた。(中井なつみ)

 行動が読めない

 「息子にはすぐ怒ってしまう」。さいたま市に住む女性会社員(29)は、3歳になった長男の行動パターンが読めず、手を焼いている。自身が3人姉妹の長女として育ったため、水たまりで泥まみれになるまではしゃいだり、すぐに乱暴をしたりする長男の行動が理解できない。走り回る長男を追いかけても、足が速くて捕まえられない。「6歳の長女のときはこんなに大変じゃなかった。毎日驚くことばかり」

 こうした母親に向け、最近は「男児の育て方」をテーマにした本の出版が相次いでいる。出版科学研究所(東京都新宿区)によると、平成23年以降、男児を対象にした子育て本が増えてきた。27年に出版された男児の育児をテーマにした本は、女児の育児に関する本の約3倍。育児関連本約100冊を扱う三省堂書店神保町本店(千代田区)の雨宮雅美さんも「男児をテーマにした本は、女児のものに比べて2倍以上の品ぞろえがある」という。

「息子は、同性である娘に比べて“遠い”存在」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。